妄想まみれ!彼氏の妙なシチュエーションプレイに耐えられない!

中学教師をしているIさん。31歳の体験談。

彼は大学時代の同級生です。同じゼミを取っていて、なおかつサークル仲間でもありました。サークルは、スポーツ系の…、普通のとこです。夏は海行って、冬はスノボしに行く、みたいな。

大学時代は、彼のこと、物静かなおとなしい子だな、と思っていて…。私、当時、サークルの、三つ上の先輩とつきあってたんですよね。でも、まだ私が在学しているとき、商社に入社した先輩の海外赴任が決まって…。〝大学辞めて結婚して、オレについてくる?〟と言われたんだけど、将来、教師になるって夢があったから、それを捨てて大学中退する勇気は出なかった…。

そしたら、先輩、さっさと別の女と結婚して、彼女連れて海外に旅立ってしまったんですよ〜!

私がついていく、って言えば、私の方を取ったのかもしれないけど…。先輩の二股疑惑は晴れず、なんかモヤモヤした気持ちがいつまでも晴れませんでした。

そんな私を支えてくれたのが、同級生の彼。〝ずっと、キミのこと好きだった。先輩とつきあってる間もずっと…〟なんて言われて。年上とつきあってたから、同級生ってなんだか子どもに見えちゃって…。つきあう気持ちはなかったんです。そしたら、「友だちでもいいよ」って…。友だちとしてつきあううち、卒業して、就職して…。その間に自分には彼氏もできなかったし、彼の方も、私一筋だったみたいで…。周囲には、〝あいつら、つきあってるよな〟って思われてたみたいだから、もうメンドクサイ。いっそ、既成事実にしちゃおっか!ってつきあうことにしたんです。

つきあい始めて分かった。なんか変な趣味持ってんです、彼。

私が、教師という職にあるのも、彼の困った趣味にますます拍車をかけちゃうみたいなんですよね…。

お恥ずかしながら、告白しますが、要は、シチュエーションプレイってヤツなんです。女教師と男子生徒、禁断の恋、というのが、目下の彼のいちばんお気に入りのシチュエーション。

もう妄想まみれです、彼の脳内は!私はリアルで教師やってんですよ?それなのに…。ちょっと、倒錯すぎですよね〜!

しかし、彼氏に言わせると、〝こういうプレイを日頃から頻繁にしていれば、実際に私が男子生徒と禁断の関係に陥るようなことはない〟んだそうです…。ホントか〜…?」。

話を聞く限りは、面白そうです!シチュエーションプレイをすることで、「現実で禁断の恋に陥ってしまうようなことの抑止力になる」というのは、一見馬鹿馬鹿しい理由のようにも思えますが、実はその彼の話、一理あるんですよ!

一時期、性犯罪の抑止のために、そういったシチュエーションプレイを楽しめるようなスポットが好評を博していた、というような時代がたしかにありました。

いっそ楽しんでしまえば…?彼氏がそのプレイを画像公開などして、あなたの生徒さんがそれを見てしまう…、なんて考えるだにオソロシイことさえなければ、別段問題は無いと思いますよ?話を聞く限りでは、彼、そういうことをしそうな気がしませんし、あなたの方でもまんざらではないような気がするんですが…、気のせいかしら?

自分は女遊びがド派手なくせに異様に嫉妬深い男…、何故!?

二人の子どもを持つ専業主婦。Eさんの体験談。

「当時、他につきあっている人がいたのに、ぐいぐい押し切られてつきあうことになって、妊娠しちゃって…。なかば略奪愛みたいな感じで、今のパパと結婚したんです。押し切られてしまったのには当然自分の弱さもあったと思うけど、いまさらだけど、ものすごく後悔しています…。結婚したこと…。

というのは、彼、女癖がヒジョーに悪くて。私の妊娠が分かる前に、彼の友人たちが、私に、「アイツ、女癖悪いから気をつけな。遊ぶのはいいけど、本気になるなよ」って助言してくれようとしてたみたいなんです。それを、パパが、〝アイツに余計なこと吹き込むな〟って牽制してたみたい…。

子どもができちゃったら、もう、後戻りできないじゃないですか。その子どもの人生には、ふたりできちんと責任を持たないといけないんだから…。子どもができるようなことをする前に、彼の友人が私に教えてくれてたら、子どもができないよう、気をつけることもできたのに…。子どもができてなかったら、きっと結婚してなかったと思うんです。…ていうか、そんなに女癖が悪いって知ってたら。「しつこく言い寄られても、これ以上会うのはよそう!」とスッパリ関係を断ち切ることもできたと思う…!

パパのダメなとこはそれだけじゃないんです。女癖が悪い癖に、異様に嫉妬深くてね。

通っている歯医者の担当医師がちょっとイケメンなの。で、私、「○○先生ってイケメン俳優の○○に似てて、超カッコイイの!」なんてうっかり口に出しちゃったんですね。そしたら、たちまち不機嫌になって。「おまえは、子どもがいて、結婚もしているくせに、男に色目つかってんのか。尻軽女め!」なんて怒鳴ったの。色目って…。飛躍しすぎなんだってば!

イケメン俳優の○○がテレビに出てるときも、不機嫌。子どもに、「パパの方がカッコイイよな!」なんて無理矢理言わせてるの。バカみたい。

女遊びは相変わらずです。スーツのポケットにキャバクラの名刺が入っているなんて日常茶飯事。手書きのメアドなんかが書いてあるときは、絶対、そこにメールして、個人的に会っているはずだから…。

なんで、そんなに女遊びが派手なくせに、私には異様に嫉妬深いのでしょう?ワケがわかりません…。もう真剣に別れたい…」。

ずいぶん困った旦那様で、ご苦労が多そうですね…。

浮気する男っていうのは、たいてい嫉妬深いもの、って相場が決まっているのよ。それは、ある意味自業自得とでも言うべきコトで…、つまり、自分がしていることは他の人もするだろう、するに違いない、と思ってしまっているの。
いろんな女の人に手を出したがるのは、誰に対しても、「本当に自分が愛されているという実感」が皆無だからでしょうね。

押し切られて結婚して、子どもために、二人で責任を持つ、と言っていたけれど、もう限界なのかしらね。ひとりでもお子さん、育てていく自信があるの?

いろんな女の人に手を出したご主人だけど、結婚したいとまで思ったのって、あなただけだったのよね、きっと。成り行きで。できちゃった婚で結婚したんじゃないと思うわ。略奪してでも、あなたのことが欲しかったのでしょう。「別れる」って切り出したら、絶対に応じないと思うわ…。ご主人は。

私が、あなたにして欲しいこと、あなたならできるんじゃないか、と思うことは、ご主人に「自分が必要とされている実感」を得させることだと思うのよ…。女遊びも、嫉妬深さも、それが理由だと、私には思えるので…。

そのように、ひとつ考えを改めてみませんか?

おまえはパパか?一日の報告を必ず求めてくる粘着彼氏がキモい!

ファッションアドバイザー職の23歳、Uさんの体験談。

「インディーズバンドのおっかっけみたいなことをしてたんです。お給料全部つぎ込むくらいのイキオイで、ライブに行きまくりました。そのうち、ギターの子とすっごく仲良くなって、ライブ後の打ち上げなんかにも呼ばれるようになったんです。

バンド仲間や、周囲の人に、私のこと、「めっちゃええ女やろ。オレの女やで」なんて紹介してくれてたんで、すっかり有頂天。彼女のつもりでいたんだけど、…バンドマンってダメですね。演歌なんかでよく聞きそうな、「女は港、男は船」なんていう時代錯誤を、いい年していまだにやってるようなヤツで、利用頻度の高いライブハウスのそばには必ず寝泊まりできる女の家を確保していたんですよ…。私も結局のところ、複数の都合のいい女のうちのひとりだったんです。

次につきあうのは、私ひとりを大事にしてくれる人がいい!って思ってたら、いたんですよ。勤めているアパレルショップの営業の人。30過ぎなんだけど、若々しくて学生みたいに見える。イケメンで背が高いし、独身なんで、「めっちゃオシャレだし、もしかしたらゲイ?」なんてショップの子の中でウワサが立ってたんだけど、そんなことありませんでした!実際、女の私とおつきあいしてるし。

同じ会社だから、私のシフトは把握してくれてるし、土日なんかショップが混みそうな日は、「足パンパンじゃない?」なんて気遣ってくれる。ショップまでクルマで迎えに来てくれて彼の家へ…。お風呂を沸かしておいてくれて、そのあとはマッサージまで…。お姫様みたいに大事にされて夢見心地…。

だったはずなんですが。なんか、最近、「恋人っていうより、この人はパパだな」と辟易する場面が増えて来た。優しいし、親切だし、マメなんですよ?でも、私のすべてを把握していないと気が済まないみたいで…。今日、一日なにしてたか、っていう報告を必ず求めてくる。疲れて、そっけないときは、隠し事があるんじゃないか、と決めつけてネチネチ…。キモイ。

予定外の行動とかダメなんです。突然、友だちと飲みに行く、なんてことあるでしょ?めっちゃ不機嫌。内緒で行こうもんなら、飲んでる場所まできて、強制連行ですよ!「誘拐されたかと思ったろう!」とかって…。

もう…。なんとかしてください!」。

右から左、みたいな、ずいぶん両極端なボーイフレンドとおつきあいしたものね!つまり、あなたには、さまざまなタイプの男性を惹きつける、すばらしい魅力がある!ということなのかもしれないわね。

…女性ってわりとね、得意分野とそうでない分野があったりするわけ。キャバ嬢なんかでも、「フケ専」タイプの子と、若い子に人気がある子と棲み分けができてるって話、聞いたことがあるわ。あなたの場合、バンドマンの、「女は港や」なんて言ってる、ちょっと幼児性のつよい男性と、父性愛?のつよい男性と、両方からモテてるんですものね!

その魅力をつかって、今度はぜひ、その二人の〝まんなかへん〟に位置する男性とおつきあい、できたらいいわね。ルックスや外見・表面上の魅力にばかりこだわってばかりいると、イタイ目に遭うことも多い…、ってきっと学んだはずだと思うから。

自分から別れを言ってきたはずなのに?脅迫メッセージを送る男

26歳、営業職のR子さんの体験談。

「〝アンタみたいな太い女が好きっていう、奇特なデブ専のイケメンの先輩がいるんだけど、会ってみる?〟

職場の同僚に言われ、超ムカついたけど、イケメンってコトバに心惹かれ、会ってみることに。それがね…!国民的アイドルグループのSくん似のイケメン!彼も私のこと、気に入ってくれたみたいで…。

その少し前に、モデル志望の彼氏(イケメン!)に振られたばかりで傷心だったんです。だから、この恋にすっかり夢中になりました!

つきあい始めの頃、〝オレ、実は婚約者がいるんだけど、そういう男でもいい?〟って聞かれ、〝私も彼氏いるけど、気にしないですよ〜〟とか見栄張って答えました。べつに婚約者いてもデートできるなら関係ないし、と思って。

でも、数ヶ月後、唐突に、〝もう会うのはやめよう〟と言われ、〝なんでなんで? 〟と詰め寄ったけど、彼の決心は固く…、あっさり振られてしまったんです。

しばらく憔悴の日々がつづきました…。一年くらい経って、その彼から連絡があったんですよね!…で、会いました!

〝今、彼氏いるの?〟って聞かれ、〝え〜、いるような、いないような…〟とか、また見栄張っちゃって。実際はいないんですけど。〝○○さん(彼の名)は?〟と言ったら、〝う〜ん、まだ婚約中…〟〝じゃ、気が向いたら、また会いましょ〟って、その日は別れたんです。

こちらからは連絡しないつもりでした。のぼせあがって捨てられるパターンはもう懲り懲りだったし…。

で後日、また、彼から電話がありました。その日は外出予定で、〝今から友だちに会うの。また、そのうち会いましょう〟と言ったら、〝いや、オレは婚約者いるから〟とか言うの。〝じゃあ婚約者の方と仲良くなさってくださいね〟と言い、電話切ったんです。内心なんなんだ〜、とか思いながら。

出かけようとしたら、知らないアドレスからメール受信してて。メール開けたら<死になさい>って…。そのあと、<死になさい>のメッセージが立て続けに五回。もしや…、と彼に電話して、〝メールくれた?〟と言ったら、〝え。知らない…〟とかあきらかに様子おかしいいんで、絶対コイツだ!と確信。「ふ〜ん。違うんだ…。じゃね」と電話切ったら、またメール着信して。今度は <殺しに行くよ>のメッセージ…! ホントに来たら怖いので急いで友人宅に行きました。…まったく!自分から振っておいて不可解すぎ!」 そのあと彼とは、音信不通だったとのこと。実際に殺意を持って訪問されたりせず、本当によかった! あなたへのアドバイスは、「見かけだけで人を判断しない」ということ。無類のイケメン好きのようですが、ちょっと自粛した方がいいかもしれませんよ?彼の方でも、あなたの外見から入っています。言うなれば、お互いに〝都合のいい相手〟だったのかも…。 自分に婚約者がいても会ってくれる、健気な女性との浮気、というのが、彼の理想図だったかもしれません。でも、あなたの方にも彼氏がいる(実際には虚偽)ということで、つまらない気持ちになってしまったのでしょう。あなたの方でもなんとなく、そこに気づいていたようですね。 で、再度、彼は、理想の女性像をあなたに求めた…。けれども、また、あなたの方虚偽申告で彼氏がいると答える。ご都合主義のイケメン彼は、二度も自分の理想像を壊され、怒り心頭だったのかもしれません…。 それにしても婚約者さんがかわいそう…。