まるで「むじな沢の話」…、露出狂に遭遇した私にお巡りさんは

「サークルの飲み会からの帰宅途中だったんですけど、なんと、スマホを置いてきてしまったことに気づいて…。家の近くだったから、電話ボックスのある場所、なんとなく覚えてたんですよ。

電話帳って毎年新しいものを届けてもらうけど、〝こんなもの、誰が使うんだろう。なんだってネットで調べられるのに…〟って思っていたんですけど、…今分かりました。今の私みたいに、スマホを出先で落としてしまったときに、この電話帳はライフラインになるんだなあ、と。

それで、さっきまでサークルのみんなと一緒にいた居酒屋を電話帳から調べて電話しました。〝先ほど利用していたものだけど、スマホの落とし物がないかどうか、調べてください〟って言ったら、〝トイレにそれらしいスマホがありました!〟と答えがあったので、とりあえず安堵して、〝じゃ、今からUターンで取りに行きますから、取っておいてください!〟って自分の名前を告げました。タクシーで行けば、15分くらいで着くかな、と考えながら…。

そのとき、電話ボックスのガラスのドアがいきなりトントン!ってノックされたんです。やだなあ、もう、使いたいのかしら…?電話ボックスなんか同時に使いたい人がいるとは思わなかったらものすごく心外…。〝ちょっと待ってください、今すぐ済みますか…〟

そう、扉を開けて告げかけた途端、私。口を開けてアングリ。

ノックしてた男、なんとコートの下は真っ裸!しかも股間のあたりをぐりぐりガラス扉に押しつけて見せつけてたんですよ…。その気味悪さといったら、もう…!

うぎゃあ〜!とかどひい〜!とか叫んで、電話ボックスから飛び出して、もうスマホのこととかいっぺんにアタマから消し飛んでしまって、きっと受話器なんか、外れっぱなしだったでしょう、居酒屋のスタッフ、〝あれ?どうしました!?〟なんて慌ててたに違いないんだけど、私、とにかく走って走って、走りまくって自宅そばの交番に駆け込みました。

〝どうしましたか?〟冷静な声で聞いてくるお巡りさんに、〝今、今、私、そこの電話ボックスで…〟

話しながら、ふと、そのお巡りさんの顔を見て、…戦慄。その顔は紛れもなく、さっきの露出狂の男の顔に瓜二つだったんですよ…!

そのお巡りさん、心なしかニヤニヤしながら、〝どうしたの?何があったの?聞いてあげるから言ってごらん〟って…。

うわああ〜!!私、走って走って自宅に駆け込みました。すぐに鍵を閉めて、しばらくは心臓のドキドキが止まりませんでした…。なんか、こんな怪談を聞いたことがあったな。むじな沢の話だっけ…。なんて考えていました」。

それはずいぶん、怖い思いをされたのねえ。無事に逃げ帰れてよかった。でも、いくらなんでも、その露出狂の変質者と、お巡りさんが同一人物とは考えずらいわね…。たまたま似た風貌の人だったのかしら?

考えられるのは、居酒屋であなたが少し酔ってしまっていたんじゃないか、ってこと。スマホも置いてきてしまっていたというから、可能性として考えられないことじゃないと思うのよ。

露出狂の変質者に出会ってしまったのは、多分、酔った上での幻影ではなくて事実だったと思います。お巡りさんがその男に似ていたというのは、同一人物でなかったにせよ、グル?…なんてのも、あり得ないわね。小説だったらあるかもだけど…。

帰宅途中、立ち止まって何かする行為は、たとえ、そこが電話ボックスだったにせよ、感心できません。今後は飲み会のときも、正気で家まで帰れる範囲までで飲酒はストップしましょうね。帰り道は早足で、寄り道せずに真っ直ぐ!が鉄則よ。

酔っ払い痴漢が放った一言!「そこに尻があったから…」に唖然

25歳のフリーター、M子さんの体験談。

「広告代理店で営業をしていたんですが、つい先日仕事、辞めたんですよ。

私、ダブルワークで夜の仕事してたんですよね。直属の上司がそこに来ていたんですね。それで、まあ、いわゆる男女の仲になって…。

あるとき、私が夜の仕事している、って気づいた人が、会社に告げ口したらしいんです。それなりに営業成績もあげていたから、やっかみもあったんでしょう。ま、いずれにせよ、ダブルワークは会社の法規違反。従わないとなりません。

そのとき、その上司が取りなしてくれて、…上司も、自分が私の夜のバイト先に通ってたなんて知られたら大ごとですからね!なので、ある程度まとまった額の退職金を得ることができたんです。

フリーターを自称しながら、実際遊び暮らしています。バイトで貯めたお金もありますしね。ひとり旅に出ることが多いですね。行き先は海外です。いろいろ気をつけますよ。お金やパスポートもだし、一番は性被害に遭わないことですよね。セキュリティのしっかりしたホテルに泊まり、危険を冒す行為は極力慎んでいますから、今のところ、怖い思いをしたことはありません。

で、日本に帰ってくると、…なんか気が抜けてしまうんですかね。

つい、先日、我が家の最寄り駅まで行く電車に乗ろうとしたところ、酔っ払いのオジサンがついてきてるんですよ。酔っ払い、しょうがないなあ!と早足で移動したんですが、どうしたわけか、またついてくる。放っておこう、と切符を買おうとしたら、お尻をぺろんと撫でられた!

〝ちょっとォ!やめてください!〟

私だって夜の商売をしていたのだから、ウブなわけではありません。酔っ払いの扱いには慣れています。大仰に騒ぎ立てず、ちょっと移動してふたたび、切符を買おうとしました。そしたら、またついてきて…、ぺろん!

いい加減にしろ!と思って駅員さんに言いにいきました。「このオジサンが、私のことつけまわしてお尻触ってくるんですよっ!」と駅員に告げると、駅員がオジサンに向き直って、「なんでこの女の子追いかけ回してお尻触ったりするんだ」と言いました。

そしたらオジサン、なんて答えたと思います?
〝そこに、尻があったから〟。

登山する理由を訊かれ、〝そこに山があったから〟って答えた登山家じゃないんだから!もうっ、まったく〜!。

駅員さんも半笑い。「ここで酔っ払い引き留めておきますから、さっさと電車乗って帰っちゃいなさい」と言われ、その通りにしましたが、ふざけたオヤジに対しての怒りはいまだ収まらないです」。

…スミマセン。酷い目に遭ってたのに、つい笑ってしまいました。M子さん、海外にもひとりで行かれるし、夜のお仕事もされてたから、酔っ払いの相手にも慣れているとのこと。実際に落ち着いて対応されていますよね。

ご自身も反省されていますけれど、海外女性一人旅の張り詰めた状況から、国内の自分のフィールドに帰ってくるとちょっと気が抜けて油断しまうのかもしれませんね。でも、M子さんのように落ち着いて対処することができればまず、大丈夫。酔っ払いを下手に刺激したりして被害が大きくなることは防げるでしょう。

家に帰り着くまでが遠足です!帰り着いて、玄関の鍵をしっかり施錠するまでは、できるだけ周囲に注意を払って、安全に備えて下さいね。

ミニスカより猥褻?ジーンズ姿の方が痴漢遭遇率が高いのはなぜ?

建設会社で受け付け嬢をしているという24歳A美さんの体験談。

「ファッション雑誌では、〝モテ〟や〝男受け〟を狙った服装が中心に紹介されているような気がしますが、私はあえて、そのような服を選ばないようにしています。

というのも、会社の制服が、非常に男目線を意識してつくられたもので、〝○○建設会社の制服は、女子を三割増し可愛く見せる!〟なんて巷で言われてらしいんです。そういうところがいい!って入社してくる女子社員もいるみたいだけど、私にとってこの制服は超迷惑。合コンのとき、〝制服着てきてよ!〟なんて言ってくるチャラ男もいるんですよ!失礼しちゃう…。

男受け服は、仕事のときだけで充分。それ意外は、パンツスーツか、ジーンズ中心のカジュアルですね。男目線を気にしないでいいから、ホント楽!って思っていたんですけど…。

私、痴漢によく遭うんですよ。ミニのフレアスカートとか、肩や胸を大きく露出した服が流行っているでしょ?あんな無防備なの穿いてよく満員電車になんか乗れるなあ…。人の肌が直に密着して気持ち悪くないのかなあ、と常日頃思ってるんです、そういう人が痴漢に遭ってしまうというのは…、確かに痴漢に遭うのは気の毒だけど、納得できてしまうというか。もし、自分が警察だったら、「そんな格好してるのが悪い!」って思わず言ってしまいそうです。人権侵害?日本にはファッションの規制なんかないし、自由のはずだから、そんなことはきっと言われないとは思うけど…。内心絶対思われてますよね!

でも私の場合、だぼっとしたTシャツ着て、ジーンズ穿いて、ちっとも女子らしくない格好をしているんです。なのにお尻を触られてしまう…。満員電車のときもありましたし、あるときは駅から、自転車で自宅に帰る途中。立ち漕ぎで坂を上がっているとき、後ろから追い越しざまにお尻を撫でられて…。すごい、気持ち悪かったです。

こんなに服装に気をつけているのに、なんで、痴漢に遭ってしまうのか。痴漢なんかに遭わないで済む方法を知りたいです!」。

猛暑であることも要因かもしれないですが、確かに、アメリカ西海岸と見間違えそうな、下着か水着みたいな服装で街を闊歩する女性たち、多いですよね!「ここはビーチ?いやいや、オフィス街だろ!」と突っ込んでしまいそうになります。

そんな肌も露わな格好の女性たちが痴漢被害に遭うのは納得できる、が、ボーイズのような格好をしている自分が痴漢に遭遇しがちというのは納得いかない!とお考えのようです。

こんな声があるので、紹介しますね。

「男は、これみよがしな誘惑には食指が浮かない。抑制されたチラリズムにこそ、欲情するものなのだ」。

Tシャツ、ジーンズではチラリズムでさえない!と反論されそうですが、Tシャツからうっすら透けるブラジャーのライン、ジーンズに包まれた形の良いヒップ、なんかにも男性は心動かされるそうなんです。

…そんなこと言われたらもうお手上げ!とくに夏場など、服装で自分を守る術はなくなってしまいそう。

いえいえ。そうじゃないんです。痴漢から身を守るには、とにかく、常に注意を払っておくこと、が肝要なようです。「気を抜いたとき、痴漢に遭う」というような思い当たる節はありませんか?疲れているとき、ウトウト居眠りしてしまったり、物思いにひたっていたり、逆に、楽しいことがあって、舞い上がっていたり…。そういうときも、多少気を引き締めて、「自分は痴漢に遭わない」という気力を漲らせるだけで、痴漢被害から身を守ることが出来ます。騙されたと思って、実行してみて下さいね!

ミニスカ女子高生軍団を尻目に、痴漢被害者はアラサー既婚者の私

年より若く見えることが自慢(?)のアラサー主婦、H実さんの屈辱の体験談。

「一時期より、女子高生の制服のスカート丈は、とくに都心部ではマイクロミニから普通のミニ、偏差値の高いお嬢様学校だったりすると膝が隠れるくらい、長めのところまであったりします。むしろ、このままどんどん長くなって、昔のスケバンみたいな制服姿になるんじゃないか、と内心ちょっと期待してたりするんですが…。

え?私?…私の高校時代はもう、完全にミニスカ・ルーズソックスの時代ですよ!二つ、三つ上の人だと、かろうじてロンスカも穿いたって人がいるみたいだけど…。流行は、30年周期なんていう話もあるから、そろそろ来るかもしれないですね。単なるギャグやネタじゃなくて本気のスケバンルック(笑)。

で、その日は私、都心に用事があって、JRに乗ってたんです。そうしたら、修学旅行の自由行動中か、元気はつらつ!健康的な太股あらわ、ミニスカ女子高生集団と乗り合わせたんです。周囲のひややかな視線も目に入らず、友だち同士、キャッキャと無邪気にはしゃいでいるわけです。

私にも、もちろんそんな時代はありましたから、微笑ましく感じると同時に、〝痴漢に狙われちゃうんじゃないかしら〟なんて、オバサン視点で心配してました。女子高生たちの身を案じていたりしたもんで、うっかり乗り過ごしてしまうところでした!慌てて、電車から飛び降りた、その刹那。

なんと!お尻をぺろんと撫でられた…!その瞬間、プシューと間抜けな音とともにドアが閉まり、電車は走り出してしました。

窓のところで、舌を出して見せたサングラス姿の不遜な男の顔!今も到底忘れられません。

なんという、ハヤワザ!絶対常習犯に決まってるわ!なんで、女子高生じゃなく、アラサー既婚者の私を狙うのよ!そりゃ私、年より多少若く見えるみたいだから、アラサーには見えなかったかもしれないけど…。どう見たって、あの場合、女子高生に軍配でしょ!?納得いきません!!」

悔しい思いをされましたね。スカート丈の短い、無防備な女子高生たちが痴漢に遭わないといいな、と心配していた矢先、当のご本人が痴漢に遭われてしまったなんて…。ホント、やってられないですよね!

H実さんは、「どう考えたって、痴漢に狙われるべきは、ミニスカ女子高生の方で、自分がそんな目に遭うのは理不尽だ!」と思われています。

ここで考えられ得る三つの可能性(?)を挙げてみます。

一つ目。「女子高生より、H実さんの方が魅力的だった」。
二つ目。「女子高生は集団だったから狙いずらかった。なので単独でいるH実さんが狙われた」。
三つ目。「女子高生に欲情しながら、手近なH実さんで済ませた」。

一つ目だと、痴漢に遭ったことはブルーになるけど、多少の優越感にひたれそうです。しかし、二つ目、ましてや三つ目が理由だとしたら、本当にそれは理不尽!

でも、痴漢が目指した対象者が誰であれ、痴漢行為自体絶対的に許されざるもの。実際に痴漢行為に遭って、実行犯が誰かが分からず、罪のない人を責め立ててしまう悲劇が多いようですが、そんな冤罪をつくらないためにも、「痴漢に遭わない」ということが何より大事!

痴漢に遭わない極意とは、「気合い」だそうです。満員電車では気を抜かない。ぼんやり物思いに浸るなど、もっての他!前後左右、鋭い目を走らせて「痴漢などしやがったらタダじゃおかねえ…!」という気合いを漲らせること。そこまで強い意志に溢れた女性を狙う痴漢は、まずいない、というのが友人の持論。一度、お試しあれ!